COMPANY PROFILE

会社概要

ご挨拶

下條 聡哉

明和製作所は、明るく・楽しく・和やかにをモットーに小回りのきく町の板金屋として皆様と共に60年を歩んで参りました。

今後も、“金属加工のエキスパート”として技術力向上及び品質向上の為、

“試行錯誤しながらより良い物づくりを考え、現状を打開し常に新しいことに挑戦する”

を社是とし、更に技術力の向上を行い様々なニーズに対応できる対応力のある技術集団としてあり続けます。

会社概要

社屋の外観
社名
株式会社明和製作所
創業
昭和30年10月
所在地
大阪市福島区吉野5丁目7番5号
資本金
1000万円
代表取締役
下條 聡哉
事業目的
厨房機器の製造
ステンレス製品の製造加工
シャーリング・プレス加工
NCターレット加工
レーザー切断加工
加盟団体
社団法人日本厨房工業会
近畿厨房機器協同組合
大阪福島納税協会(幹事)
従業員
32名(令和1年7月現在)

沿革

昭和30年10月
現会長下條薫個人経営にて大阪市福島区大開町1丁目133番地にて厨房器具製作を開始する。
昭和32年10月
大阪市福島区新家町1丁目47番地に新築移転する。
昭和34年10月
株式会社関西鉄工所よりブレーキプレス及びキャップシャーリングを購入し切断並びにプレス加工を事業内容に附加する。
昭和43年9月
大阪市福島区吉野5丁目7番5号に鉄骨3階建て事務所兼工場を新築
昭和55年7月
プレス加工をNC化同時に㈱アマダ製大型NCTを導入、切断切込み切抜き孔空け加工の多量、高速化を実現
昭和57年2月
自動溶接装置の設備をソーラー用タンク・ステンレス釜を主とする製缶加工工場を充実する。
昭和61年2月
隣接地 262m2を購入。鉄骨2階建て工場増設稼動する。
平成17年8月
㈱アマダ製 4m 220t ブレーキプレスを購入しプレス加工の効率化を図る。
平成22年11月
㈱アマダ製レーザーターレット複合機 C1を導入 成型加工の精度、加工内容を向上
平成23年4月
代表取締役に下條聡哉 就任
平成24年5月
自社製品 ”マイクロバブル IH” が完成。
平成26年6月
㈱アマダ製 EM MK ターレットパンチングプレスを導入
平成29年7月
ものづくり補助金によりファイバーレーザー溶接機を導入
平成30年4月
業務用圧力鍋の開発を行い製品化
平成30年10月
ものづくり補助金により㈱アマダ製 HG 130t 3m ブレーキプレスを導入
平成31年3月
業務用圧力鍋のラインアップを90Lの1製品から130L,90L,50Lまで増やす

主な取引先

  • 福島工業㈱
  • プライミクス㈱
  • 三和厨理工業㈱
  • ㈱サンツール
  • 光和商事㈱
  • 月星テック㈱
  • ジャパンエンジンコーポレーション㈱
  • 日本スピンドル製造㈱
  • 伊丹ダイキン空調㈱
  • ㈱ショウワ
  • ㈱安田精機製作所
  • キッチンテクノ㈱
  • 下田エコテック㈱

取引先銀行

  • 池田泉州銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 日本政策金融公庫